« マクロな世界【植物編】ヤブラン(ユリ科) | トップページ | マクロな世界【植物編】スプレー菊(キク科) »

マクロな世界【植物編】ボタンクサギ(クマツヅラ科)

11月23日、千葉県柏市の手賀沼周辺をウォーキング中に見つけました。
小さな花がおしくらまんじゅう!
中国南部原産で冬に葉を落とすクマツヅラ科の落葉性低木です。
日本でも暖地や平地で野生化したものがよく見られます。
花がきれいなので、庭木や鉢植えとして利用されます。
花にはかすかな芳香があります。
葉っぱをもんだりすると臭いニオイがするのでこの名前があります。
(「ヤサシイエンゲイ」のHPより引用させていただきました。)

20141123_botankusagi


|

« マクロな世界【植物編】ヤブラン(ユリ科) | トップページ | マクロな世界【植物編】スプレー菊(キク科) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91552/60840371

この記事へのトラックバック一覧です: マクロな世界【植物編】ボタンクサギ(クマツヅラ科):

« マクロな世界【植物編】ヤブラン(ユリ科) | トップページ | マクロな世界【植物編】スプレー菊(キク科) »