« マクロな世界【植物編】シュウカイドウ(シュウカイドウ科) | トップページ | マクロな世界【植物編】ボタンクサギ(クマツヅラ科) »

マクロな世界【植物編】ヤブラン(ユリ科)

11月16日、千葉県印旛村の民家の回りに真っ黒でピカピカの実を発見!
ヤブランは日本を含む東アジアに生育するユリ科の多年草で冬でも葉が枯れずに青々としている常緑性の植物です。
名前が示すとおり樹木の下などの薄暗い、いわゆる「ヤブ(藪)」に自生しています。
生育は旺盛で日本の気候にマッチし、耐陰性も非常に強い性質ですので、あまり他の植物が育たないような樹木の陰になるような場所に植えることも可能で、古くから庭園の下草として利用されてきました。
(「ヤサシイエンゲイ」のHPより引用させていただきました。)

20141116_yaburan


|

« マクロな世界【植物編】シュウカイドウ(シュウカイドウ科) | トップページ | マクロな世界【植物編】ボタンクサギ(クマツヅラ科) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91552/60835324

この記事へのトラックバック一覧です: マクロな世界【植物編】ヤブラン(ユリ科):

« マクロな世界【植物編】シュウカイドウ(シュウカイドウ科) | トップページ | マクロな世界【植物編】ボタンクサギ(クマツヅラ科) »