« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

ミツマタ(ジンチョウゲ科)

2月28日、千葉県我孫子市の手賀沼遊歩道で、以前蕾の頃に発見したミツマタを見たら花が咲き始めておりました(^.^)
小さなラッパが並んだような咲き具合が何とも賑やか~(p_-)

20150228_mitsumata

20150228_mitsumata_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フキ(キク科)

2月28日、千葉県柏市の農家の庭先に咲いておりました。
こちらでは初めて見たかも!
キク科の多年草で山菜とされています。
地下茎から花茎を出し花(フキノトウ、ふきのとう、蕗の董)を咲かせ、 花後、雌株は花茎を伸ばして成実し、地下茎から葉柄(フキ、蕗)を伸ばします。
繁殖は地下茎で行いますが、地下茎は有毒なので食べられません。
(「株式会社 科学技術研究所(かぎけん)」のHPより引用させていただきました。)

20150228_fuki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナズナ(アブラナ科)

2月21日、千葉県印旛村をウォーキング中に土手に群生して咲いておりました。
ペンペン草ですね・・・(^_^;)
ナズナは、春の七草としてよく知られています。
繁殖力が旺盛なアブラナ科の雑草のひとつですが、七草粥に入れて食べるようになったのは、平安の頃からだとされています。
名前の由来は、切り刻むという意味の「ナズ」に、菜が付いて、ナズナになったという説や、春・秋・冬には、生えているが、夏には生えて無いという意味から転訛(てんか)して、ナズナになったとう説や、なでたい程かわいい花という「愛(め)でる草」を意味する「撫菜(なでな)」から転訛して、ナズナになったという説があります。
(「イー薬草・ドット・コム」のHPより引用させていただきました。)

20150221_nazuna


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティランジア・イオナンタ(パイナップル科)

2月21日、我が家のエアープランツが開花しました(^.^)
今年は満開とはいかず・・・・
これを始めに、あと数株しか開花しないかな?
実は、一昨年の猛暑でかなり被害を被ったのであります・・・・。
これから復活に向け着々と子株を増やさねば!

20150221_ionantha


| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリムラ・ジュリアン(サクラソウ科)

2月15日、船橋市街の店先のプランターに植えられてました。
それにしても、プリムラって種類が多すぎ・・・。
以前は室内鉢花として販売されていましたが、冬~早春の花壇や寄せ植えによく用いられるようになりました。
ポリアンサよりも寒さに強いといわれています。
どちらも南関東では普通に冬越しします。
(「Garden Vision」のHPより引用させていただきました。)

20150215_purimura_jyurian


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科)

2月15日、船橋市街までのウォーキング途中に見つけました。
調べてみると白い花が咲くようですが、蕾からは想像できませんね(^_^.)
春に咲く花からは上品な芳香を漂わせます。
星型の花を固まり状に枝先に咲かせるのでよく目立ちますが、花どき以外は、やや白みのある濃緑の葉の地味な姿です。
(「Garden Vision」のHPより引用させていただきました。)

20150215_jincyouge


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フユシラズ(キク科)

2月11日、地元船橋市の動物病院のプランターに植えられていました。
真冬でも元気に咲く花ですねぇ~(^O^)
フユシラズ(冬知らず)は、冬から春にかけて鮮黄色の花を次つぎに咲かせるキク科の耐寒性宿根草です。
花は、キンセンカ(金盞花)を2周り程小さくした感じです。
(「株式会社 科学技術研究所(かぎけん)」のHPより引用させていただきました。)

20150211_fuyshirazu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソシンロウバイ(ロウバイ科)

2月7日、千葉県印旛村の農道をウォーキング中に大好きなロウバイを見つけました。
半開きの状態ですが、これが好きです!
露が花弁の中に入って瑞々しさ抜群でした(^.^)

20150207_sishinroubai


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンサク(マンサク科)

2月7日、千葉県印旛村をウォーキング中に農家のお庭に咲いておりました。
まったくもって不思議な花だ・・・・。
マンサクは関東地方以西の本州・四国・九州に分布する落葉低木です。
早春に黄色いリボン状の花を咲かせ、春の訪れを知らせます。
(「岡山理科大学 生物地球学部生物地球学科 植物生態研究室(波田研)」のHPより引用させていただきました。)

20150207_mansaku_1

20150207_mansaku_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロな世界【植物編】キブサズイセン(ヒガンバナ科)

2月7日、千葉県印旛村をウォーキング中、住宅の庭先に咲いておりました。
黄色鮮やかなスイセンです。
フランス・スペイン原産の水仙で、大正時代に日本に渡来してきたといわれています。キズイセン(黄水仙)と似ていますが、キズイセンは葉が細いので区別できます。

20150207_kibusazuisen


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »