電子メールは手紙である

現代社会は、ほんの十数年前に比べ、通信手段の急激な普及により作業効率が格段にアップしました。
今まで時間を掛けて交通機関を使って顧客との打ち合わせや成果品の納品等お互いに顔を合わせながら会話をしたり直に手渡しで行ってきた作業がいとも簡単に電子メールで済むようになりました。
私の仕事柄のことですが、例えば設計図などの図面の納品です。
一昔前まではトレーシングペーパーに鉛筆で手書きによって作成し、出来上がった物は大切にケースに入れ梱包して客先まで届けていました。届けた先で図面を広げ、一枚一枚めくりながら説明をして始めて納品に至りました。
ところが、今では全てパソコン上でCAD(キャド:Computer Aided Design)ソフトを使って作図し電子データとして保存します。
電子データなので電子メールで送信することができます。送信したデータは宛先のパソコンにCADソフトがインストールされていれば誰でも画面で見ることができます。お互いに同じ図面を画面で見ながら電話で質疑応答をすれば、極端な話、納品作業はこれで済んでしまうのです。
計算速度も格段に向上しました。
電卓を叩いた数値を自分で書いた表に書き写し、集計の検算を行ってやっと終わる作業が、今では表計算ソフトによって複雑な計算やグラフまでいとも簡単にあっという間に出来上がります。画面上のセルの中に組み込んだ計算式に間違いがないかどうか確認すれば検算終了です。
これもまた電子データなので電子メールに添付して送信することができます。綺麗にまとめられた複雑な表計算は、クリックするだけで誰にでも送ることができるのです。
このように電子メールの普及は、作業効率を格段に向上させましたが、一方では、人の動きや心の触れ合いを極限まで制限してしまうことに陥っているといえます。極端に言えば、仕事の全てが机上のパソコンで済んでしまうことになるのです。
そんな中、電子メールに書き込む文章の大切さについて考えることがあります。
その文章形式は人それぞれです。話し言葉のように書く人。何も書かずにデータだけ添付してくる人。文章は書いてあるが、一行程度で済ます人。様々です。
私の場合は、まず「○○株式会社 ○○様」というように宛先から始まり、「お世話になっております。」と続く。その後に、ちょっと手間ではありますが、添付したデータについての説明を書き加えます。そして最後に「以上、よろしくお願いいたします。」とか「以上、御査収下さい。」で終わるようにしています。
なお、文章の後ろには私の会社名と名前、電話番号、FAX番号を書き込んだ「署名」を必ず添付するようにしています。言うなれば簡素な手紙のような形式です。メール=手紙ですから、このくらいは書いておきたいものです。
しかし、実際にこのような形式で受け取るメールは非常に少ないような気がします。
まず、誰宛に送ってきたのか宛先が書かれていないことが殆どです。これは「どうせ私から送ったメールだということは相手も分るだろう」という意思があるからだと思いますが、これが有るのと無いのとでは第一印象が違ってきますし、相手に対する心遣いがされているか否かが表れます。
あとは、私に対して作業をお願いして送ってきたにもかかわらず、それに対して私が資料を添付して送った返信メールに対しての返答が一切無い場合が見受けられます。一行でも良いから「確かに受け取りました。助かりました。」という返信の心遣いが欲しいものです。
メールソフトのツールで「開封メッセージを要求する」という設定にすれば良いのですが相手に強要しているようで、私はそういうのが嫌いなのです。お礼の言葉を返信しようと思っても、それを書く気が削がれてしまう場合があるからです。
最悪なのは、何も書かずに他から来たメールをそのまま転送してくるものです。文章も全く書かれていません。
「○○さんからメールが来ていましたので転送します。」とか一言書いてくれるだけで良いのですが・・・・。あうんの呼吸でと思い転送したのでしょうが、これでは心遣いというものが全く感じられませんし、場合によっては不快感さえ感じてしまうときがあります。
たかが電子メールと言えども、基本はやはり手紙なのです。私が電子メールのマナーとして始めに教わったり勉強したことが今やメチャクチャになっています。
相手に対する心遣いと感謝の気持ちを短い文章の中で少しでも文面に表現することはこの時代になって益々大切になると思います。
逆に言うと、短い文章でも相手に対して好印象を与えることだってできるはずです。
「電子メールは手紙である」というのが私の基本です!
人に対しての心遣いや感謝の気持ちはいつの時代も変わりなく有ってほしいものです。
通信手段が発達しても忘れてはならないものではないでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットは便利だが

インターネットを本格的に使い出してから、約8年が経過しました。最初はダイヤルアップ接続でいちいち電話代が掛かることで、贅沢なアイテムだったはず。しかし、ADSL回線が本格化してから、一般家庭にもどんどん普及し、今では殆どの家庭で活用されている。それを考えると、凄い勢いでここまで来たんだなぁ~って思います。
私がインターネットを開始する当初の目的は、ホームページを作りたかったからです。自分で作ったサイトが世界のあらゆるところで、パソコンさえあれば見ることが出来る。こんなにダイナミックなことは、今までには無かったこと。それが手軽に出来るようになるなんて思いもしなかった。
ホームページの公開以外にも、時間の経過とともに、その活用方法は格段に広がった。見たいときに見たい情報が取り出せる。これは、私の生活さえ変えてくれました。
釣りに行くとき、リアルタイムで現地の天候が詳しく見られる。潮の動きだって見られる。釣った魚の種類だって料理法だって検索できる。出張や帰省の時にはネットで航空券を購入できる。混雑状況だって解るし、座席だって決められる。飛行機の時間に合わせて、電車やバスの時刻も知ることが出来る。家賃の振り込みだって、高速道路の混雑状態、電車の遅れだって、買い物だって、欲しいソフトのダウンロードだって、株の取引だって。
ど田舎に住んでいても都会に住んでいる人達と同じ物を手に入れることが出来る。流行しているモノを手に入れるために、わざわざ都会へ出掛けなくても済んじゃう。生活の殆どがネットで済んでしまう。こんな生活は想像できただろうか?欲しい情報、欲しいもの、やりたいこと、見たいもの・・・・。こう考えると、凄く便利で、私達の生活の一部と化しています。一部では済まない、無しでは居られない状態か・・・・。
しかし、ネットでは絶対に手に入れられないものも確実にある。それは、”本物”だ。本物と言っても”物”ではなくて、実際に自分で動いて、経験して、感動するということ。それは絶対に忘れてはいけないし、私にとってはかけがえのないもの。
釣りもその一つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファン増設計画

blog_20050830
かれこれ1ヶ月前のこと、日記でも取り上げたことだが、HDDが逝ってしまったのである。原因は判らないが、寿命とも思えないし・・・・。心当たりといえば、暑さ。PCケース内の温度が異常に高くなってしまったために、故障の原因となったのでは?季節柄、どんどん暑くなってくる時期だった。
また、こんな事になってしまっては、一応ホームページを運営している者としては、困ることしばしばである。一番痛かったのは、メル友のアドレスをぜ~んぶ無くしてしまったことか・・・。それ以外は、大したものは入っていなかったし、ネットさえ繋がれば何とかなるものだ。まあ、こまめに、バックアップを取っておくかしておけば良かったのであるが、日々何気なくPCを使っている者としては、ついつい忘れがちである。これを教訓に、これからは、月一で取るようにしておこうと思っていますがね・・・・。
これは自作で、PCには元々、3つの冷却ファンが付いていました。電源冷却用、CPU冷却用、PCケース内冷却用、しかし、マザーボードにはファン用のコネクターが2つしか用意されていなかったのである。つまり折角3つのファンが有るのに、1つは動いていなかった訳ですなぁ。で、ファン増設を思いつき、友人に相談。すると、ファンコントローラーなるものが有るらしい!HDDの冷却用にもう1つ付けたかった。で、付けたのがこれ。4チャンネルタイプ。4個のファンの制御が出来るって事です。マザーのコネクターにCPU用、と電源用。コントローラーには、HDD用とケース用。全部で4台のファンが回っている寸法です。おかげで、ちょっとうるさくなり、室内もちょっと暑くなったような・・・・。
でも、ケース内はグングン換気が出来ているようで、今のところ、夜で常時35℃以下になっております。これで冷却装置は万全!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと復旧

いやぁ~、参りました。
PCがいきなり暗くなり、ダウン・・・・。
あれやこれやと、友人に相談してみたり、リカバリーを試みたりしてみました。
友人のアドバイスで解決したのですが、結局はHDDのダウンだったんですよねぇ~。
そのHDDの中には色んな登録情報も入っているので、何とか読み込めるように頑張っているのであるが、これまた怖くって・・・。
一度このHDDをセカンダリ設定して読み込もうとしたら、なんと動き出しやがった!
動けば良いってもんじゃない!windowsが狂ったように何度も立ち上がり出し、ビックリ仰天!
またまたおかしくなったかとビビッて即”Delete”ボタンを押してマザーボード設定に変換したのである。
実は去年の10月までの重要と思われるデータは、CD-Rにコピーしておいたのであるが、それ以降のデータは、このHDDの中だ。セカンダリで呼び込むのは怖くて怖くて出来ません・・・・。
そこでまた友人からよい方法をご教授願って、外付けHDDに変身させることの出来るパーツを教えてもらったのである!
これでも駄目だったらもう諦めるしかない・・・・。多分いけると思うんだがなぁ~・・・・。今週末はこれで再度勝負!
今のところ、どうしようもなく困った事項は無いとしても、PCを元通りの状態に自力で戻すには何しろ時間がかかるでしょうね。
この度は、みさん!助かりました。この場を借りて「ありがとう!」
ってな訳で、まだまだ復旧には時間がかかりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)