Tillandsia栽培

一般にエアープランツとして園芸店やホームセンターで売られているパイナップル科の植物であるTillandsia(ティランジア)の栽培を開始したのは2005年の冬である。約2年と半年が経過した。主な生長記録はブログ「不思議な植物Tillandsia ~Air plants~」で紹介させてもらっている。
その間、3種ほど蒸れてしまい枯らしてしまった。しかし、現在33種の栽培を問題なくこなしてきたことに比べれば大成功といえる。
他の植物との大きな違いは、根ではなく葉から水分を吸収するので、基本的に土はいらない。吊すか、生えてきた根を何かに着生させる。そんな不思議な植物である。
この2年半の間に、自分なりにTillandsia栽培について発見したことがあるので、そんなことを書いてみたい。
まずは生長についてだ。季節ごとに生長具合ははっきりしている。
春は、気温の上昇と、日光の強さが増すとともに一気に生長速度が増し、花を咲かせる時期でもある。水を与えれば与えるほどぐんぐん生長する。ただ、じめじめした天候時の水やりは禁物である。特に梅雨時期は要注意である。種類にもよるが、もともと乾燥した環境で育つ植物なので、日本の梅雨には適していないのである。特に急激に暑くなる日の水やりは控えた方がよい。
夏は、特に水やりには気を付けなければならない。関東地方の夏は元々湿気が多い上、気温もかなり高温になる。夏だからといって昼間に水をやるとどうなるか。水がなかなか乾かない上、高温にさらされればひとたまりもない。要するに植物自体が煮えてしまうのである。生煮えと言った方がいいのか。そうなるともう復活は無理である。完全に枯死してしまう。水やりの後は日陰で風通しを良くし、乾かすようにしなければならない。
秋は、空気も乾燥してくるので、どんどん水やりをしても平気である。春と同様、この時期は生長に適した環境である。
冬は、気温の低下とともに生長がほとんど止まってしまう。ただし、暖房を効かせて水やりを十分にしてやればその限りではない。しかし、暖房費が掛かってしまうので、その辺は経済状態と相談である。
花を咲かせる時期は種類によって様々であるが、ほとんどが春である。やはり、環境的にきつくなる冬や夏の開花は種類が限定されるようだ。
花の時期は、種類ごとの自生する標高範囲を調べてみるとある程度予測できる。低い標高で自生している種は高温期で、高い標高で自生している種は比較的低温期に花が咲くということだ。
最後に花が咲いた後はどうなるか。
ほとんどの種は、花が咲いた後、葉の隙間から子株が数株芽吹く。それがどんどん生長すると立派な群生株となる。子株は、種類にもよるが生長が早いものだと一年後には花を付ける。通常は数年を要する。
子株を花期まで育てられれば、ほとんど失敗の心配はない。それだけマスターしたということになる。特にイオナンタは毎年倍々で群生を繰り返し、購入してから3倍にも増えたくらいである。
Tillandsiaの栽培は、種類によって様々である。一般にいわれているように「空気中から水分を吸収するので放っておいても大丈夫」などということは絶対にない。簡単なようで実は堅実に育てようと思ったらなかなか難しいのだ。
まずは、購入した種がどのような環境で自生しているのかを知ることから始まるといっても過言ではない。その基準となるデータが充実しているサイトがあるので紹介しておく。
パイナップル科植物を筆頭に、変わった植物を取り扱う通信販売サイト「PINEAPPLE NETWORK」である。
このサイトにはティランジア原産地別簡易ガイドラインが記載されている。理想的な温度環境やコメントが記載されているので、ある程度の栽培環境の予測が出来る。これからTillandsiaの栽培を始めようとする人たちにはとても参考になるはずである。
実は、私が持っているTillandsiaのほとんどは、ここの通販で購入したものである。温室は千葉県の鴨川にあり、そこから全国に発送されているらしい。欲しい種が品切れの場合は、外国まで問い合わせてもらえる。
もっとTillandsiaを詳しく知りたい人には書籍をお薦めする。Tillandsiaに関しての唯一の専門書的書籍である。わざわざ南米から旅をしてきた植物たちをどうか上手に育ててもらいたいものです。

書籍名:ティランジアハンドブック改訂版(1998年2月26日発行)
著者:清水秀男・滝沢弘之
発行:日本カクタス企画社 代表 佐藤 勉
発売所:株式会社誠文堂新光社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本は宝の山

数年前から、電車の中と寝る前に本を読むのが日課になった。何気に週一冊ペースで読み続けている。
私の本の読み方は、乱読タイプである。かなり分野は広い。よほど趣味の範囲が多岐に渡っているから仕方がないのかな?ちなみに漫画は読まない。自然科学が中心だが、普通の小説などいきなり別分野をたまに読んでみても面白かったり感動したりということもある。
本屋に行くのは面倒くさいのでもっぱらネットで買っている。ネットといえども、最近、サイトによっては詳しい解説や閲覧まで出来ちゃうので選ぶのも楽しいのだ。
どのようなときにどのような本を読むか?これが本選びのときの最大の目的である。
釣りが好きなので釣り関連の本を読む。次に、魚をもっと釣りたくなるので魚の習性に関する本を読む。はたまた、魚の住処である海のことを知りたくて関連の本を読む。海と気象は直結しているので気象関連の本を読む・・・。これが延々と続く。終わりがない。これを私は「芋づる式読書法」と名付けることにする。
この方法でしっかり本を読み続ければ、かなりの秀才になること間違い無しである!しかし、よほど脳ミソのシナプスが発達していない限りそうはいかないのである。
もともと、本を書こうとする人達は、よほど専門的な事項に長年携わっている人か、マニアックな人しか書く気にはならないはずであるから、それらの専門知識に追いつこうたって無理なのである。しかし、大きな目で様々な物や社会を見渡せる力は必ず身に付くはずである。
今まで自分の概念として刻み込まれていたことが本を読んでみると、実は・・・。なんてことが結構あるものだ。それをそのまま信じて良いかどうかは冷静に判断しなければならないが・・・。
とにかく、読書を続けることによって言えることは、自分の概念だけではなく、色々な方向から色々な物、出来事を見分ける力が付くということである。これは自己満足かも知れない。それで良い。
除菌と書いてあるからこれは絶対に安全だとか、リサイクルすれば環境に優しいとか、北極の氷が溶けると海面が上昇するだとか・・・。これらには、言葉に隠された真実があることを本当の意味で自分なりに理解できることが大切であと感じる。ちょっと横道に逸れたか・・・
要するに、私にとって「本は宝の山」なのだ。
本は、書いた人の自己満足の固まりなのかも知れない。それを読む我々も自己満足している。一冊の本を読み終えたとき、なんだか賢くなったような気がする。何かを得たような気がする。
それで良いのだ。
「芋づる式読書法」お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しいたけ栽培に挑戦

Blog_20061116_1_1
今週の日曜日に、佐倉市にあるガーデニング専門のホームセンターに行ってきた。エアープランツを物色しに度々行っています。目標としていたエアープランツは有るには有ったが、良い株が見当たらなく品薄だった。う~ん、ちょっと残念だ。
しかし、折角ここまで来たのだから、何か面白い物は無いかと店内をぐるりと回って見た。で、私の目に閃光のごとく入ってきた物が!しいたけの栽培キットなのだ!
前々からやってみたかったことであったが、専用の丸太ん棒やら、しいたけ菌やら色々と揃えなくてはならず、なんといってもそんな物置く場所さえないのでした・・・。ところが、それらのデメリットを全て解消してくれるようなキットで売っているとは!迷う暇もなく手に取っていました・・・。
そのブツは名は、「もりのしいたけ農園」。980円。森産業株式会社から販売されている。箱の中に入っているのは、直径15cm足らず、高さも同じくらいの円柱ブロック、ビニール袋、説明書だけである。ブロックを水洗いし、ビニール袋に入れて湿気を保っておけば、一週間くらいでしいたけの芽が出てくるそうな・・・。でも、気温が18℃以下にならないと駄目みたいです。
そのブツを説明書通り、玄関付近の暗がりに置いていた訳ですが、本日帰宅して見てみると、なんと、ニョキニョキとしいたけの子供が4つほど顔を出しているではありませんか!昨日までは見当たらなかったのだが・・・。今日も寒いくらいだったから急激に成長したのでしょう。Blog_20061116_2
このブロックで春先まで4回から5回収穫できるそうです。いや~、楽しみだぁ~!しいたけ以外にもこの会社からは、えのき、なめこ、しめじ、エリンギなどのキットも販売しているそうな!部屋で採って部屋で食う。これはいいぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリヅルランの花が咲いた

Blog_20060610_2
ユリ科オリヅルラン。ランの名前が付いていますがユリ科なんですね・・・・。観葉植物としてはあまりにも有名な種です。葉の中心部に白い斑が入っているのが普通のはずなのですが、我が家にあるのは外斑です。
購入したのは去年の10月後半。柔らかいビニール鉢で無造作に並べられていたものを180円で一株買ってきた。株の高さは15cm、幅が20cm位だったかと思います。最初はそのままで栽培していましたが、2ヶ月後くらいからまともな鉢に植え替えてから、冬だというのにグングン成長を始め、今では高さ40cm、幅は70cmにまで達しました。
一度はランナーをグングン伸ばし始めましたが、邪魔なので切ってしまいました。ところが、またまた違う場所からランナーが伸びてきたではありませんか?!前のランナーとは様子が違っていたので、これはそのままにしておきました。
Blog_20060611
そして今日、直径1.5cmの小さな白い花が2輪咲いていました。まだまだ先の方にもつぼみが控えているのでしばらくは楽しめるでしょうか?梅雨時期の暗い室内には嬉しい出来事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアープランツ

blog_20051205
先週の釣行日記にも書いたことだが、最近凝りだしている観葉植物がある。パイナップル科ティランジア属。米国南部から南米にかけて広く分布している植物だ。
なぜ、この植物に魅せられたのか?それは、非常に得意な性質を持った植物だったからであり、形態も様々。普通に見られる植物には、勿論水分や栄養分を吸収する根があり、土を土台として育つものだ。しかし、こいつらには、木や岩に着生するための根があっても、栄養分や水分を吸収するための根は無い。はっきり言ってしまえば、根がないのである。もっぱら、葉から空気中の水分や栄養分を吸収する。だから、園芸店などでは「エアープランツ」と呼ばれて売っている。うたい文句は「乾燥に非常に強く、最も手のかからない植物」だ。しかし、色々な専門書や専門サイトを見る限り、決してそのようなことはないようだ。種類によっては水を好むものもあるようだし、日陰を好むもの、強い光を好むものと色々だ・・・。そのような背景から、観葉植物としての認知度がまだまだ曖昧で、専門家も日本では数えるくらいしか居ない。まだまだ未知の植物。そんなこともあるのか、比較的大きな園芸店に行かないと売っていないのも現実。
普段は、可憐さもなく、地味だ。しかし、花を咲かせる前兆現象は素晴らしい(葉の色が真っ赤に染まったり・・・勿論まだ経験していません)。それに花もとても綺麗だ。まあ、種類にもよりますが・・・。実際にそんな姿をまじまじと見た訳ではない。ましてや、たまたま訪れた園芸店で見かけたものだ。一株買ってきて、色々調べてみた。結果、謎が非常に多いことが判明。この謎解きが私の心をますますくすぐったのだ。写真に載せたのはティランジア・イオナンタという最もポピュラーな種類。花期になると葉が真っ赤に染まる。とても綺麗なの筒状の小さい花を咲かせる。花を咲かせた後からは子株が育つ。
そんな、私にとっては神秘の植物は、これからどう変化していくのか?とっても、とっても興味津々である。その後、「南房パラダイス」の売店で4株追加したのは言うまでもない・・・・。止まらない!私の好奇心!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニ観葉

blog_20051116
いよいよ、先週末に春一番が吹きまくり、冬も本番です。植物達も枯れ果て、身も心も寒くなってしまいそう。なんて大げさですが・・・。
で、最近、プランターで色んなものを栽培している内に、家の中でも緑が見られる雰囲気に魅せられてしまっているのだ。この前買ったウサギゴケもその一つ。そこに仲間が加わった。「セラギネラ・アポダ」って名前で、プラスチック製の小さなポットで売っていた。何気なくホームセンターの園芸コーナーで目に付いたのだ。なんとも鮮やかな緑が目に飛び込んできた。値段は159円だった。この安さで、心が休まれば安いものである。しかし、何せ観葉植物に関しては全くの素人である。早速インターネットでどんな植物なのか調べてみた。
イワヒバ科の鞍馬苔の仲間らしい。簡単にいってみれば、岩に引っ付っいて成長する植物。ここまでは解ったのだが、色々調べてみても原産地が何処なのか、さっぱり解らない。ちょっと前まで、熱帯魚に凝っていたことがあるが、それと同じくらい観葉植物の世界も不明な点が多いってことだ。つまりは、意外と奥が深い。とにかく、こいつを買ってきて早速、ちゃんとした鉢に植え替えた。みずみずしい鮮やかな緑が映える!
今回、園芸コーナーを覗いてみてビックリしたのは、結構若い人からお年寄りまで、お客が絶えない。レジも混んでいたし・・・・。今や観葉植物が、室内を飾る一つのアイテムとして完全に地位を築いていることが解ったのだ。ガーデニングだって今や必需である。植物の世界も、なかなかのものではないか?!最近、つくづく思うのである。また、家に新たなアイテムが増えてしまいそう・・・・。植物園にならないよう気を付けなければ(^.^ ;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万能葉ネギを蒔いた

blog_20051109
10日前。万能葉ネギの種をプランターに蒔いた。家庭菜園の代表的野菜である。春蒔きと秋蒔きがあるが、これは勿論秋蒔きだ。とは言っても、地方によって蒔き時は違います。関東地方では、春蒔きは3月中旬から6月中旬。秋蒔きは9月上旬から11月上旬。なので秋蒔きとしては一番遅い方ですかね?
種は、ばらまくようにして軽く土を掛けた。6日ほど前から小さな芽が所々土から顔を出していた。そして今日、こんなに沢山の直立した芽が、芝生のようにニョキニョキと伸びてきたのである。1cmそこそこのものが、そろってお出ましである。
あと、一週間もすれば、混み合っているところは抜き取らなければならない。抜き取ったものは、そのまま薬味として使える。5cmくらいに伸びたときには液肥を与える。15cmにまで伸びれば、成長の早いものから順に収穫し、即食べられるのだ。
料理への使い方としては、薬味が多いと思います。味噌汁、ラーメン、冷や奴、揚げ物、あんかけ・・・・。あとは、卵焼きに入れたり、納豆にぶっ込んだり。韓国料理のような辛い食材にも合いそうです。
やっぱり、野菜も買って来て食べるより、自分で作ったものを食べるほうが、どんなに安いものでも少しでも感動があるってもんです!
これも小さな楽しみであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家にウサギゴケが来た

blog_20051105
最近、何となく室内に緑が欲しいと思いつき、ネットで色々とめぼしい観葉植物はないものか?と、何気に検索していたところ、ウサギゴケなるものを探し当てた。
この名前の通り、ウサギのような花を咲かせる。ウサギゴケは流通名で、学名はUtricularia sandersonii(ウトキリュラリア・サンダーソニー)という何とも難しい名前。科名はウサギモモ科。ウサギモモといわれてもどんな性質の植物なのか素人なので解りませんが・・・・。とにかく、南アフリカが原産地の多年草だそうです。南アフリカと書いてあったので、高温でなければ育てられないのでは?と思いましたが10℃以上の室内であればオッケーらしい。それに、一丁前に食虫植物なんです!ただ、花が補虫するのではなく、根っこの一部で微生物などを捕らえるそうです。不思議なものには即飛びついてしまう私は、この小さな花に興味津々になってしまったのです。
それで、近所のガーデニングショップで、たまたまこいつを見つけてしまったんです。「おぉ~、こいつか!何とも不思議なヤツだなぁ~」ってことで、300円だったので買ってきちゃいました。写真だと解りづらいと思いますが、これが入っている鉢は非常に小さい。直径8cm位のオマケみたいな鉢だ。つまり、この花も非常に小さく、茎だってちょっとのショックで折れてしまいそうな貧弱さ。葉っぱだって土に這いずり回るように茂っており、これも数ミリと小さい。何に関してもコンパクトなのだ。
それにしても本当に小さな花だ。縦長の花ですが、大きなものでも1cm。コケと名の付くくらいなので湿潤な環境を好むらしいです。買ってきてからほんの1週間ですが、花の下にある小さな葉っぱが、みるみる勢力を広げつつあります。
立ち読みで読んだ本によれば、株分けして増やせるようなので、今後はどんどん増やしてみようかと・・・・。かえって鉢いっぱいに茂らせてしまうと中央から枯れてしまうそうです。
今まで子供の頃から色んなモノにはまってきた私です。生き物でいえば、昆虫、両生類、は虫類、鳥類、魚類・・・・。
植物に興味を持つなんて、未だかつて無かったのですが、最後の砦に辿り着いてしまったか?ふとした切っ掛けで色んなモノにはまってしまうこの性格は、一生涯直ることはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ収穫か?ハバネロ

blog_20051025
種を植えて3ヶ月半。ハバネロに花が咲き、そして実を付けました。
花が落ちてから実を付けるまでは意外と早く(花が全て実となるわけではありませんでした)、小さい実は2週間ほどで、立派な大きさに育ちます(立派が如何ほどの物か解ってませんが・・・)。全部で4本ありますが、今では全てに実が付いている状態です。まだ小さいものが多いですが、これもやがては収穫できる状態になることでしょう。背丈は大きな物で50cm以上にも達し、木のような風格さえあります。
さあ、これから収穫して何に利用するか?前々からの課題なのですが、未だ決めかねております。何しろ、どの位辛い物なのかさえ解りませんので、先ずは野菜炒めの中に少々ちりばめてみようかな?と思ってみたりしております。
しかし、植物も色々と試してみると面白いものですね。それにトラブルも付きものです。この前なんか、尺取り虫が付いていて、葉っぱをモサモサと食われていました。まあ、小さい奴だったのでそのままにしておいたのですが・・・。また、ヤモリが張り付いていたこともあった。尺取り虫を狙って訪れて来たのだろうか?お陰で、それ以降は葉っぱを食い荒らされずに済んでますが・・・・。
日々の成長を見届け、世話と言えるほどのものではありませんが、手入れをしてあげる。そしてご褒美として自分で食する。ほんの小さな喜びですが、これって大切な事じゃないでしょうかねぇ~?自分で作ったり、捕ってきたり。
人間ってこんな風に生きてきたんじゃないかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

はつか大根収穫

blog_20050828
ハバネロ栽培を始めてしまったきっかけで、プランターを3個ほど買ってしまったのである。かれこれ40日前のことである。
ハバネロだけじゃぁ使い切れないので、なにか食えるものをついでに栽培しちゃえ!ということで、はつか大根なるものの種を購入。プランターでも十分栽培できると書いてあった。人差し指の第一関節まで土に穴を開け、そこに3粒ずつ蒔いた。本当は、秋に蒔くのが良いようだが、まあ、ものは試しだ。
生育が早いので、特に高温期には葉が2、3枚の時期に間引きしなければならないようだ。しっかり間引きしないと茎の伸びが激しくなり、根が太らないそうだ。教科書通り、間引きして1本立ちとして、しっかり植え替えると、あっという間に成長。そして、ここ一週間くらいの間に、真っ赤な根がみるみる土の中から顔を出し始めたのである。「根径が2センチくらいになったら収穫」と書いてあったので、これまた教科書通り本日収穫を迎えた。
収穫までの間、なかなか根の張りが悪かったので何回も植え替えを行った株はやはり失敗作となってしまった。根が不完全燃焼ってとこで、はつか大根にはどう見ても見えない細々した根・・・・。まあしかし、初栽培ながらも成功率70%だったので、良しとしましょう!
植物の栽培というのは、やはり経験がものをいうものですね?!これで、はつか大根を今後どのようにすればしっかり育つかを学習させてもらいました。
農家の方々はやっぱりプロだね~!わずか40日間の栽培でしたが、つくづくそう感じましたねぇ~。それに、何と言っても”土”だ!作物それぞれに適した”土”が有る!それも今回勉強させられましたよ~。
う~む、今度は何を栽培しようかな?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧